たまにしか書かない詩人のように 

詩のようなもの、これらの恥ずかしい日常に。  恐怖に目覚めたら嗤うがいい辛くなったら感性の目覚めを喜べ、羽を手に宿命の鍵を拭け

スポンサーサイト

Posted by かしろう on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の目

Posted by かしろう on   0 comments   0 trackback

    弁当をすてるな

      絶望という名の電車に乗り
      無気力という名の駅に降り
      欲望という名の弁当を買い
      幻滅という名の断崖に立ち  
       弁当を棄てるな !

      


    だれにも

      だれにでも愛されないわたしは、
      だれにでも優しいひとになりました
      だれにでも優しいひとは
      だれからの愛をもとめません 
      そうしてだれもその事をしりません




    意味は

      意味は貴方だって事さ、貴方は無意味ではないだろう?
      月に名前があるようにその形に月は巡るじゃないか 
      意味は貴方だって事さ、貴方は無意味ではない!
      月が毎晩姿を変えるように
      いつも同じじゃつまらんだろう





    創造も発想も後(うしろ)の方から来ると前頭葉が言い出して潜在無意識脳幹松果体

    
    ときどきどきどきどろどろと鉄塔ゆらす高圧電流


    みちびかれ行く手さえぎる鋼鉄の雨に打たれて咲く花の色
    

    いつの日か眠りの前の夢心地叶わぬ想いあてもなくゆく 


    閉じられたパソコン隙間2ミリほど頭挟んで今夜の寝床
    

    音売りの売り声高く聞えども晴天来ないぞ虹は出たけど
 



        
    とどかない
    想いはいつも
    手のなかの
    メイルに書いて
    自分にとどく



              さよならと
              ブログに書いた
              午前2時
              台風来るから
              嘘の絵手紙 



                        駐車場
                        一台だけの暗がりは
                        そのための場所
                        そのために来た

 

  外灯の影を落とした背中から
  ごきげんようさようなら
  ではこの次にまた今度 



  地球の全てが夜にならないように
  人の一生が夜のまま終わる事は無い 
  さあ寝なさい 
  さあ寝なさい
  そうして朝が来たら
  別の夜が待っていた



      知りうる筈の知りえない
      知ったつもりの知りたくもなく
      知りに知らない知る気もない
      知るほどつらい知るつらさ    



なんのしがらみ 
なんとしょ
なんと
いきてく
ふうわふわ

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sin411.blog134.fc2.com/tb.php/137-4977e084
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。