たまにしか書かない詩人のように 

詩のようなもの、これらの恥ずかしい日常に。  恐怖に目覚めたら嗤うがいい辛くなったら感性の目覚めを喜べ、羽を手に宿命の鍵を拭け

スポンサーサイト

Posted by かしろう on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地図が違うと気付いた頃は

Posted by かしろう on   0 comments   0 trackback

旗色違うとハタと気がつく五輪旗よ  色分けしたがる勝ちたがる 旗の広場の行く手には 五つの輪より多い国 旗の数とメダルの数と 終わってみればこの通り 五輪通りのその先の 国際色は豊かなり


満月に小舟を出せばゆらゆらとゆれるススキも月灯り不浄の櫂を煽っては理知の中州も浮かんで沈む頭上の橋の都市灯り無数の光ひろがれど星の数には敵わない 満月満月小舟の先は西方浄土か心の内か


山桜は咲いて山桜と成り、秋の虫は鳴いて秋の虫となる。茂みのなかも林のなかも鳴いて咲かねば誰も知らない気にもとめない。 コウロギしみじみ唄う夜は賢治になれぬと星に問ふ


楽器は嘘なんだ 綺麗な音を出す為に人が作った嘘なんだ 絵も嘘なんだ実際の風景と違う嘘なんだ 写真も嘘なんだ光の加減を切り取った嘘なんだ 詩も嘘なんだ思いついた言葉を並べただけの嘘なんだ
現実も嘘なんだ真が入り混じった嘘なんだ 現実を超えた所に真の実が有るというのも嘘なんだ そう言う私も嘘なんだ

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sin411.blog134.fc2.com/tb.php/125-cac4eb3a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。