たまにしか書かない詩人のように 

詩のようなもの、これらの恥ずかしい日常に。  恐怖に目覚めたら嗤うがいい辛くなったら感性の目覚めを喜べ、羽を手に宿命の鍵を拭け

スポンサーサイト

Posted by かしろう on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自灯明

Posted by かしろう on   0 comments   0 trackback

さああ、今日も夜がやって来ましたね。どうやって料理してやろうか、この衝立を。

そんなに丁寧に編む指で、ナゼあなたのクチはそんなにヨゴレて、イラつく赤い葉、揺れるキャンドル。

諦めていた甘い誘惑が蘇って、凍えた手に降る白い小さなとける飴。

スポンサーサイト

 (詩は生きている)

Posted by かしろう on   0 comments   0 trackback

優しさを隠してる人はいませんか
秘密にしていても
ひょんな事でバレていますよ
出し惜しむと捻じれてしまいますよ
 優しさは無尽蔵だからどんどん公開しましょう
お国の秘密でもないし

青色風景

Posted by かしろう on   0 comments   0 trackback

この寒空のなか図書館の庭の木に1羽の鳥がとまっていた
鳥は借りて行く本の監察官だ
子供は絵本を持っていた
中年男は推理小説だった
老婆は手芸の本とピアノ史
私はなにも借りなかったので
その鳩を捕まえて家に帰った 

その図書館の鳩は
誰が何を借りて行ったか ぺらっぽっぱお とおしゃべりなので
焼き鳥にした 世の中の為になった 
事をした

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。