たまにしか書かない詩人のように 

詩のようなもの、これらの恥ずかしい日常に。  恐怖に目覚めたら嗤うがいい辛くなったら感性の目覚めを喜べ、羽を手に宿命の鍵を拭け
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。